タイトル
大宝寺の鐘
大宝寺の梵鐘

画像1

 大同元年(806)空海が唐から帰国の際に立ち寄りったといわれる大宝寺。 ここには600年以上の歴史がある梵鐘があります。この梵鐘は応安8年(1375)に播州多賀群(現在の兵庫県)西林寺の僧の寄進によって再鋳されたものです。中の間には貴重な歴史資料である銘文が刻まれています。梵鐘は県指定の文化財となっています。

住所 五島市玉之浦町大宝633
連絡先 0959-87-2471

駐車場 あり/大型バス不可/普通車10台
アクセス

・福江空港からの距離:約(所要時間:車で約/徒歩で約

福江港からの距離:約(所要時間:車で約/徒歩で約